【日本工芸会正会員 秋山眞和】
≪綾の手紬≫
傑作藍染花倉織紬着尺
≪小石丸蚕糸100%使用≫
小石丸と花倉織の対話…
糸からつくる真心の織。

商品番号: 1250465
お楽しみ価格

残り在庫1点です

販売期間:02月04日 00:00~12月31日 23:59

◆最適な着用時期
5月下旬~6月、9月~10月上旬の単衣仕立て頃
6月下旬~9月上旬の盛夏

◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

◆着用シーン カジュアルパーティ、音楽鑑賞、観劇、女子会、街着など

◆あわせる帯 単衣~盛夏用のおしゃれ袋帯、九寸名古屋帯、八寸名古屋帯
小石丸蚕糸100%
長さ約13.6m 内巾38cm(裄丈72cmまで)
綾の手紬染織工房謹製
透き通るような青の表現。
繊細な色彩、織。

日本の美と伝統を愛するお着物ファンの方に、
自信を持ってお勧めする逸品でございます。

日本工芸会正会員、秋山眞和氏によって織り上げられた花倉織着尺。
糸が細く、丈夫なのにふんわり軽く…。
立体感のある織りならではの、優美な花織表現が魅力的です。

首里花倉織、首里花織、首里道屯(ロートン)織、首里絣、花織手巾、煮綛芭蕉布、首里ミンサー。
琉球各地で見出された素晴らしい染織文化が王府へと伝えられ、
より王家や士族の着用にふさわしい、贅を尽くし洗練に昇華された織物の数々。

とりわけ、秋山氏の首里にある工房では、
内地の宮崎の工房を中心とした「小石丸蚕の製織」や「藍・貝紫の染色」など、
着物文化に多大な影響を与える研究を取り入れ、首里織をさらなる高みへと押し上げられていらっしゃいます。

高度な技を要する織物ですので、一度手にとって見ていただければ、
その素晴らしさを一目見て感じとれることと思います。
織り手の巧みの技と、その織物だけが持つ独特の尊さや気高さ、美しさを存分にお楽しみください。

一見、シンプルなように見えます。
ですが、少し織りの世界に詳しい方でしたら、その控えめな色彩の中に、
複雑な花綜絖と杼を通す難しさ、
織り手の誠実さや根気強さをすぐに感じ取っていただけることと存じます。

もともと花倉織は、琉球の王家専用の、格式を誇る夏衣でした。
花のかたちを浮かびあがらせるとともに…
部分的に糸の密度を変えることで、生地に透け感を演出するのがその特徴です。

この絽目を織り上げる為にどれだけの手間が掛けられておりますかというと、
糸の本数は同じなのに絽目を出すという事は、
この透かし織り部分の糸を圧縮し、二本の糸を一本にし、
そして均一に力をかけて織り上げて…
織り手の技と、首里花倉織だけが持つ独特の尊さ、気高さ、美しさ。
ここまでの、類まれなお色使いの作品には本当になかなか出会えないものです。

美しく光を反射させる藍甕のような冴えた藍色、
本藍の深みある趣に…
日本人の肌を美しくみせてくれる、最上級の上品に仕上がっています。

心にすっと染み入る、繊細なグラデーション。
光を反射し、表情豊かに色彩を変化させる絹糸の美しさ。
ふっくらとした花倉織の立体感。

厳密な計算によって考えられる図案の美しさもさることながら、
複雑な花綜絖を完全に修得しなければ絶対に織り上げられない手技の確かさ。
高度な技を要する織物です。

お手にとって見ていただければ、そのすばらしさは一目瞭然。

お召しになる方に寄り添い、自然に馴染み。
高貴にして上品、また洒落味ある着姿を演出してくれることでしょう。

帯合わせも自由自在に、無限の可能性を感じさせてくれます。

この機会を逃しますと、次は本当にいつ仕入れることが出来るかわかりません…。
どうぞお見逃しございませんようにお願い申し上げます。

■秋山眞和プロフィール
1941年 沖縄県那覇市に生まれる
1966年 宮崎県綾町にて“綾の手紬染色工房”創業
1967年 「第2回西武工房展」朝日新聞社金賞受賞
1968年 「日本伝統工芸展」入選
1972年 社団法人日本工芸会正会員認定
1973年 昭和天皇・皇后陛下に御前実演
1982年 日本産の貝による実演貝紫染色に初成功
1984年 宮崎県伝統工芸士第一次指定
1990年 第37回日本伝統工芸展入選作「万華鏡」文化庁買い上げとなる
1991年 小石丸蚕に製織完成
1993年 阿波藩主、蜂須賀家の藍染熨斗目着物を小石丸蚕糸にて復元制作
1995年 会津若松、松平家の熨斗目を小石丸藍染にて復元
    第42回日本伝統工芸展入選作「陽炎」文化庁買い上げとなる
    平成7年度卓越した技術者(現代の名工)指定表彰
1996年 赤坂御苑における秋の園遊会に招待される
    常陸宮両殿下、綾の手紬織工房にお成り
1997年 沖縄県立芸術大学より招請され美術工芸学部教授就任
1998年 紀子様に小石丸糸、貝紫染インテリア作品献上
2000年 太平洋・島サミット会議出席17カ国元首夫人綾の手紬染織工房訪問
    九州・沖縄サミット外相会合晩餐会招待
2001年 沖縄県立芸術大学を退官
2002年 綾町功労者として表彰
2004年 天皇陛下が綾町を御訪問の際、お着物御説明
2005年 宮崎県文化賞受賞
2006年 黄綬褒章受章
現在に至る
お仕立て料金はこちら
地入れ2,750円+衿裏2,200円+海外手縫い仕立て26,400円(全て税込)
※国内手縫い仕立て
「大島紬・結城紬」+23,100円(税込)「左記以外の紬」+12,100円(税込)

加工(湯のし、地入れ、紋地入れ)はこちら
(地入れ)

撥水加工をご要望の場合はこちら
ガード加工(着尺・羽尺)

※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
[文責:田渕 健太]

▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

この商品を閲覧したお客様はこんな商品も閲覧しています

着物通販の配送方法

■クロネコヤマト宅急便
全国一律(北海道、沖縄除く)料金:800円
北海道、沖縄:1,800円
※合計 8,800円(税込)以上注文の場合、送料無料
詳しくはこちらをご覧ください。

■ネコポス
全国一律(離島含む)料金:300円
※合計 8,800円(税込)以上注文の場合、送料無料
詳しくはこちらをご覧ください。

着物通販のお仕立て・加工について

■お仕立て上がり納期
着物(きもの)・長襦袢・コート→ 依頼日より約40日
帯→ 依頼日より約20日~25日
加工(湯のし・地入れ・紋入れ等)→ 依頼日より約10日~20日
詳しくはこちらをご覧ください。

■東レシルックきもの公式ネットショップの納期・お仕立て
詳しくはこちらをご覧ください。

着物通販の返品・交換について

返品ご希望の商品は、返品カード(必要事項を記入)と明細書を同封し、商品受取後10日以内に返送下さい。
※普通郵便とクロネコメール便での返送は紛失時の保障がございませんので、ご遠慮下さい。

返品をお受けできない商品
・商品お受取り後10日を過ぎて到着した商品
・着物・帯・その他商品でお誂え仕立済みの商品
・湯のし・紋入れ・撥水加工などの加工済商品
・他社でお仕立てされた商品
・しつけ糸・ブランドタグ・品質表示のタグを外した商品
・お届け時の状態が保持されていない商品

詳しくはこちらをご覧ください。

着物通販のお支払方法

■クレジットカード決済
ご利用可能なクレジットカード
■銀行振込

■代金引換(手数料無料)

■NP後払いwiz(コンビニ・郵便局・銀行)
150,000円以下の注文

■オリコ分割払い(OricoWebクレジットメール便)
単品80,000円以上

詳しくはこちらをご覧ください。

着物通販の保証書について

保証書により5年間、表地・帯・小物、及び仕立て・加工・付属品の品質を保証します。
詳しくはこちらをご覧ください。