1. HOME
  2. イベント
  3. 名古屋栄店イベント
  4. 【毎月恒例 きものでいこまい!第6弾!】第五回 和久荘太郎 演能空間 天鼓 盤渉~きもので愉しむ伝統の時~@名古屋能楽堂

【毎月恒例 きものでいこまい!第6弾!】第五回 和久荘太郎 演能空間 天鼓 盤渉~きもので愉しむ伝統の時~@名古屋能楽堂

バックヤードツアー付き!!
ご参加者様限定特典もございます。


※11時50分~12時00分 正面玄関前にお集まりください

※きもの着付け無料サービスの受付は
終了いたしました。


※誠に勝手ながら台風の影響のため中止とさせていただきます。

【毎月恒例 きものでいこまい!第6弾!】 第五回 和久荘太郎 演能空間 天鼓 盤渉~きもので愉しむ伝統の時~ @名古屋能楽堂

当日の流れ
11:50~ 受付開始
12:00  バックヤードツアー
12:30  ツアー終了次第、お席へ移動
13:30  開演
16:00  終演予定

名古屋能楽堂は、名古屋城正門前に位置する総木曾檜造りの能楽堂です。
1997年に能や狂言などの伝統芸能の振興や文化交流の推進を目的として開館されました。
今回そこで行われるのは、第5回を迎える演能空間。
能「天鼓(てんこ)」では、一人の役者が二人(老父とその息子の亡霊)を勤めることに妙がある演目となっております。

またこの度、京都きもの市場特別バックヤードツアーを実施させていただけることになりました。
普段はご覧いただけない舞台の裏側に入れるチャンス!
和久先生や囃子方の開演前の貴重なお姿を拝見したり、タイミングが合えば直接お話を伺えるかもしれません!
盛りだくさんの“いこまい!”でございますので、みなさまぜひご参加くださいませ!

和久荘太郎先生

1974(昭和49)年生まれ。横浜市生名古屋市出身。
東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽宝生流専攻卒。
大学在学中、宝生英雄18世宗家の内弟子となる。

1995(平成7)年、『藤栄』で初舞台を踏み、
2004(平成16)年には『小鍛冶』で初シテ(主役)を勤める。

2005(平成17)年、宝生英照19世宗家の許しを得て独立し、
自身の同門会「涌宝会(ゆうほうかい)」を発足させる。
2006(平成18)年『石橋』、2009(平成21)年『道成寺』、2011(平成23)年『乱』を披く。

現在、東京・名古屋・大阪の定期能、各地の薪能などに出演するほか、能楽普及のための講演をしている。

また母校の名古屋市立名東高校の能楽研究部でも後輩の指導に当たっている。

公益社団法人能楽協会正会員
公益社団法人宝生会正会員
名古屋宝生会同人
2011年~2013年 東京芸術大学音楽学部邦楽科教育研究助手
川村学園女子大学非常勤講師

  • 貴重な開演前の舞台裏を回ります。
    和久先生や囃子方の方に直接お話が伺えるかも!?

お電話でも受け付けております。

0120-188-008

ご予約はこちら

今後のイベント予定

| 名古屋栄店イベント

今後のイベントはございません。