8月の実店舗イベント

銀座店
吉野間道・藤山千春
~草木染と織の工房をたずねて~
< 千春先生に習う、帯揚げ草木染体験付! >

  • 銀座店から飛び出して…!
    藤山千春先生の工房を訪ね、実際に草木染を体験していただける特別な会の開催が決定いたしました。
    少人数開催、先生自ら工房をご案内いただき、さらにはお一人お一人のお好みのお色にて帯揚げを草木染していただけます。(千春先生秘蔵の作品もご覧いただけます!)
    夏の終わりの思い出にも、どしどしご参加くださいませ!
  • 工房見学詳細

    日時
    追加開催決定!
    2016年8月30日(火)
    【満員】10時~13時 ※9時50分集合
    【満員】15時~18時 ※14時50分集合

    (集合場所  JR大井町駅中央口改札前
    ※集合場所が変更となりました!
    ※二部入れ替え制

    2016年8月31日(水)
    【満員】10時~13時 ※9時50分集合
    【満員】15時~18時 ※14時50分集合

    (集合場所 JR大井町駅中央口改札前
    ※集合場所が変更となりました!
    ※二部入れ替え制

    場所
    藤山千春工房(東京都品川区)

    定員
    各回5名前後
    ※先着順とさせていただきます。
    ※帯揚げ染め体験代・材料費・品川駅からの交通費(タクシー代)含む。

    参加費
    8,800円(税込)/人
    ※当日、現地でお支払いください。

    持ち物
    ・エプロン
    ・必要であれば筆記用具
    ・帯揚げをお持ち帰りいただく袋(濡れた状態ですので、ビニール袋など)

  • ご紹介

    幻の吉野間道を現代に蘇らせた自然の色彩と組織の調和美―

    キーワード1  ≪ 草木染 ≫

    かつて宿場町として栄えた品川の地で、昔ながらの染と織を受け継ぎ、新しい方法を模索しながら、糸に向かう日々。
    草木本来の彩りに魅せられてー
    求める糸が出るまで何度も何度も糸を染め上げます。

    キーワード2  ≪ 吉野間道 ≫

    寛永三名妓とうたわれた吉野太夫に、
    京都の豪商・灰屋紹益が送ったと言われる織物で、浮織を太縞・細縞に打ち込み、独特な風合いを持ちます。
    美しい草木の色彩と間道の組織との調和で縞織物の美しさを余すところなく伝える織り方は、藤山千春氏の代名詞となりました。

  • 工房見学の流れ

    9:50/14:50  JR大井町駅中央口改札前

    10:00/15:00~  移動

    10:20/15:20~  工房見学スタート

    11:00/16:00~  帯揚げ草木染体験

    12:00/17:00~  千春先生を囲んで

    12:30/17:30  工房見学終了・移動

    13:00/18:00  JR品川駅にて解散

    ※帯揚げ草木染体験のお色は、現地にてお決めいただけます。染料の具合にて、染められるお色が限られる可能性がございます。


Topへ
戻る